過払い金の返還請求手続き

過払い金の返還請求手続き(司法書士)

あくまでも経験の範囲内での一般論ですが、高金利で借り入れをされて、5年くらいの間コツコツと返済をされてきた場合、「払い過ぎ」の状態になっていて、逆に貸金業者に対して「過払い金の返還請求」をすることができる可能性があります。

ここでは「過払い金」の仕組みや手続きの流れについてご紹介します。

1.過払い金とは?

以前、「利息制限法」及び「出資法」という法律が存在しました(現在は抜本改正されています)。

この2つの法律で、貸金業者の貸付利息の「上限」について、「異なる定め」がされていたのが、法律の欠陥というべき問題点でした。

利息制限法の方が、出資法に比べて、貸付利息を「低く」定めていたのです。

この差の部分が、いわゆる「グレイゾーン」です。

過払い金が社会的問題に発展するまで、多くの貸金業者は、より利益を上げるために、「高い」方の上限利息で貸し付けを行ってきました。

ところが、裁判で「低い」方の上限利息が本来的であり、貸金業者は顧客に対して「払い過ぎた(グレイゾーン)部分を返還すべきである」という統一見解が示されたのです。

2.手続きの流れ

  1. 司法書士が手続きを受任後、貸金業者に受任通知を発送し、「取引履歴の開示」を請求します。
  2. 貸金業者は「グレイゾーンを含めた」取引履歴を開示しますので、これを司法書士が再計算し、「グレイゾーンを除いた」取引履歴を作成します。この再計算を「引き直し計算」といいます。
  3. 引き直し計算が終了した時点で、返還請求可能な過払い金額が確定します。
  4. 3にもとづき、貸金業者とまずは交渉し、たとえば、「請求可能金額の8割で和解」というように交渉をまとめます。好条件での交渉がまとまらない場合、裁判手続きによって解決を図る方法もあります。

3.最近の傾向

  1. 相手方となる貸金業者の経営状況の悪化や破綻・再編により、交渉が長期化する場合、好条件での交渉を進めにくい場合も多くなってきておりますので、ご了承ください。
  2. 過払い金の返還請求権にも「消滅時効」がございますのでご注意ください。
  3. 以上のような最近の傾向でございますので、手続きをご検討中の方は、お早めにご相談いただきますことをおすすめします。

過払い金の返還請求手続きについて‥
池田市役所前 司法書士行政書士すがはら法務事務所にご相談ください!

取扱業務一覧

取扱業務の詳細を見る>>

相談内容を探す

相談内容を探すの詳細を見る>>

業務エリア

大阪府(池田市、大阪市、豊中市、箕面市、能勢町、豊能町)、兵庫県(川西市、宝塚市、伊丹市、三田市、猪名川町)を中心に「京阪神全域(大阪府、京都府、兵庫県)」に対応しています。その他の遠方への出張も可能です。

コラム

2017/05/11
Take it easy.
2017/01/04
謹賀新年
2016/12/29
歳末に寄せて
2016/11/08
雑感
2016/08/09
障害者権利条約

コラムをもっと見る>>

よくあるご質問

「すがはら法務事務所」のご案内

詳しいご案内は、こちら

「すがはら法務事務所」のご案内
[住所]

大阪府池田市菅原町2番1号→地図・アクセス

[電話番号]
072-741-1237

お気軽にご連絡ください。

メールでの問合せ・ご相談は、コチラ

[業務時間]

平日:9:00~18:00

上記以外(土曜・日曜・夜間も受付対応可)

[対応エリア]
京阪神全域、遠方出張も対応可
[取扱業務]

各種契約、相続遺言、会社法務、コンサルタント業務、役所・裁判所提出書類作成、司法書士・行政書士業務全般