債権回収の手段としての支払督促手続き

債権回収の手段としての支払督促手続き(司法書士)

貸金や売掛金が不良債権になってしまった場合の債権回収の手段として、たとえば、(1)私的交渉(いわゆる示談)、(2)内容証明郵便の送付、(3)契約書等の公正証書化、(4)担保・保証人の追加、(5)通常訴訟・少額訴訟、(6)支払督促、といった手続きがあります。

いずれも、まずは司法書士(行政書士)が解決の窓口としてご相談ご対応できます。

ここでは、債権回収の手段のうち「支払督促」の制度についてご紹介します。

1.支払督促とは?

支払督促とは、単なる督促ではなく、裁判所を通した督促手続きのことを言います。

通常訴訟と同様に裁判所に対して申立書を提出しますが、通常訴訟と異なるのは、主に以下のようなポイントです。

  1. 書面審査のみで、一度も法廷に出向く必要が無い。
  2. 裁判官ではなく「裁判所書記官」が審査担当する。
  3. 相手方が督促に対して全く異議(反論)を述べないことを前提とする。
  4. 通常訴訟と比較して裁判費用が安い。

少額訴訟の手続きについても別にご紹介しましたが、支払督促はあくまでも督促なので、少額訴訟よりも「さらに簡素化」した手続きになります(より詳細な要件等については裁判所や専門家等にご確認ください)。

しかも、支払督促の効果は、通常訴訟で「勝訴判決を勝ち取った場合と同じ」くらい大きい効果(強制力)がありますので、ハマれば非常に効率的な債権回収の手段であると言えます。

もっとも「相手方がまったく異議(反論)を述べない」ケースはそう多くはないでしょうから、このあたりの見極めがキーポイントになります。

万が一、相手方が反論してきた場合には、支払督促としては不成立となり、自動的に通常訴訟に移行します。

債権回収としての支払督促手続きについて‥
池田市役所前 司法書士行政書士すがはら法務事務所にご相談ください!

取扱業務一覧

取扱業務の詳細を見る>>

相談内容を探す

相談内容を探すの詳細を見る>>

業務エリア

大阪府(池田市、大阪市、豊中市、箕面市、能勢町、豊能町)、兵庫県(川西市、宝塚市、伊丹市、三田市、猪名川町)を中心に「京阪神全域(大阪府、京都府、兵庫県)」に対応しています。その他の遠方への出張も可能です。

コラム

2017/05/11
Take it easy.
2017/01/04
謹賀新年
2016/12/29
歳末に寄せて
2016/11/08
雑感
2016/08/09
障害者権利条約

コラムをもっと見る>>

よくあるご質問

「すがはら法務事務所」のご案内

詳しいご案内は、こちら

「すがはら法務事務所」のご案内
[住所]

大阪府池田市菅原町2番1号→地図・アクセス

[電話番号]
072-741-1237

お気軽にご連絡ください。

メールでの問合せ・ご相談は、コチラ

[業務時間]

平日:9:00~18:00

上記以外(土曜・日曜・夜間も受付対応可)

[対応エリア]
京阪神全域、遠方出張も対応可
[取扱業務]

各種契約、相続遺言、会社法務、コンサルタント業務、役所・裁判所提出書類作成、司法書士・行政書士業務全般